忍者ブログ

神楽坂雲如の妄想図書館

日々の妄想を書き綴った笑いと狂気のブログです。 妄想ですので本気にしないでください。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6番目の臓

五臓六腑といわれるように、臓と名の付く器官は5つある。
(六臓六腑という説もあるが、ここでは無視する)
東洋医学に造詣の深いアメリカの医学者ナラハミテ博士は、6番目の臓を発見し、これを六臓(ROKUZO)と名付けた。
六臓は健康な人には存在せず、死期がせまった重病人の体内にのみ「発生」する。
発生する場所は一定ではないが、心臓や肺の陰に発生することが多いという。
六臓は小指の先程度の小さな肉の塊で、患者の死の直前に、数秒間「トットットットッ」と激しく律動する。
六臓が律動をはじめると、もはやどんな手段を講じても患者を生かすことはできない。
ナラハミテ博士は、六臓を「死を完成させるための器官」と呼んだ。
そして、六臓は、魂を浄化させ、天国へ昇るための「エンジンのようなもの」であると主張した。
ナラハミテ博士の学説は、当然医学界から無視されたが、オカルト関係者からは歓迎された。

ナラハミテ博士は、六臓のはたらきを調べるため、非情な人体実験を行ったといわれている。
患者をわざと見殺しにして、死にゆく患者の六臓の観察を行ったというのだ。
ナラハミテ博士は、患者の遺族に告発され、逮捕された。
証拠不十分で刑事罰は逃れたが、医学界から追放されたナラハミテ博士は、麻薬におぼれ、極貧のうちに窮死したという。
しかし、ナラハミテ博士は、オカルト界の伝説の人となり、博士をたたえる歌が作られた。

一臓はイッヒッヒ
二臓はニンニンニン
三臓はサッサッサ
四臓はシッシッシ
五臓はコッコッコッコッコ
六臓はトットットットット
ナラハミテ ナラハミテ
ナラハミテ ナラハミテ
ロンリー ロンリー ナラハミテ
ロンリー ロンリー ナラハミテ
ロンリー ロンリー ナラハミテ ナラハミテ ナラハミテ
ロンリー ロンリー ナラハミテ

(註)
盗作魔アンティオタキウス3世は、この歌のメロディーを「ハルマゲドン」という歌に盗用している。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

プロフィール

HN:
神楽坂雲如
性別:
男性

P R