忍者ブログ

神楽坂雲如の妄想図書館

日々の妄想を書き綴った笑いと狂気のブログです。 妄想ですので本気にしないでください。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

食事のマナーについて

江來君は、非常にしつけの厳しい家庭に育ちました。
とりわけ食事のマナーは厳しく、食事中は絶対に音をたてないよう厳しくしつけられました。

小学校に入学した江來君は、昼食時間になって驚きました。
「ぺちゃぺちゃ」「くちゃくちゃ」「かりかり」「ぽりぽり」という音が四方から響き渡ります。
それは信じられない状況でした。
到底耐えることができない不快な物音に取り囲まれ、とても食事どころではありません。
気持ちが悪くなって、吐いてしまうこともありました。
江來君にとって学校の昼食時間は地獄でした。
教師に事情を話して、別室で食事がとれるよう配慮を求めましたが、 子どもたちを「従順な兵隊になれるよう教育せよ」という使命を帯びている教師は、特例を認めません。
それどころか、江來君は精神異常とみなされ、矯正と称して虐待を受けました。

それでも江來君はめげることなく成人し、立派な軍人となり、クーデターを起こして政権を奪取しました。
独裁者になった江來君は「食事中に音を立てることを禁ずる法令」を自ら起草し、禁を破った者は国外追放に処することにしました。
真っ先に処分されたのは小学校時代の同級生たちでした。
なんと江來君は執念深い男なのでしょう。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

プロフィール

HN:
神楽坂雲如
性別:
男性

P R