忍者ブログ

神楽坂雲如の妄想図書館

日々の妄想を書き綴った笑いと狂気のブログです。 妄想ですので本気にしないでください。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遺伝情報は暗いところでぬるぬるしている

DNAの二重らせん構造だの、アデニン、チミン、シトシン、グアニンといった舌をかみそうな名前を高校の生 物の時間に習ったが、わたくしは「ヌクレオチド」というのを「ヌレオチクド」と覚えてしまい、濡れ、落ち、公、、、戦いに敗れ、雨に濡れながら落ちていく 貴人のイメージを連想してしまった。その後読書中に誤りに気づいて赤面し、あわてて記憶を訂正したつもりだったが、訂正は不十分でこんどは「ヌレオクチ ド」となってしまった。これは卑猥な響きがする。すなわち濡れ、奥、血、、、。

日常生活で分子生物学の話をする機会などありっこないから恥をかいたことはないが、長い期間「ヌレオクチド」だったので遺伝情報というと暗くてせまい奥の 方でぬるぬるべとべとしたもの、たとえば入れっぱなしで吸収能力の限度を越えてしまったタンポンのようなイメージが貼付いてしまった。ここからくだらない 連想がはじまる。

パラケルスス曰く「取出すことを忘れたタンポンの腐敗した血液をガラス器に移して封印し、更に40日程度の期間腐敗させてみよ。さすれば件のものの中から 生きてうごめくものが見てとれるであろう。これより後このものは人間の血の秘薬(アルカーノ・サンギニス・フマーニ)をもって養われ、40週間の期間等温 状態に保存される。かくして、そこから五体健全な生きた人間の子供が生れるのである。この子供は経血の当人とうりふたつであるがいくぶんか小柄である。そ のゆえをもって、余はこれをホムンクルスと名付けるのである云々。」

(種村季弘「アナクロニズム」から一部を引用させていただきました。)
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

プロフィール

HN:
神楽坂雲如
性別:
男性

P R