忍者ブログ

神楽坂雲如の妄想図書館

日々の妄想を書き綴った笑いと狂気のブログです。 妄想ですので本気にしないでください。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

竹筒物語

任意の単語に、個人的な特別の意味が付与されると、面倒なことになります。
たとえば、竹男さん(会社役員52歳、長女:大学生、長男:予備校生)にとって、「竹筒」という単語は、きわめて滑稽で、かつ卑猥なものです。

そのわけは、小学4年生のとき先生が、
「南洋の土人には、パンツもはかず、竹筒をはめているだけの者がいる。」
とおもしろおかしく話したからです。
その話があまりにもおかしかったので、以来竹男さんは「竹筒」という単語を見聞きすると、笑いを爆発させてしまうようになったのです。
成人してもこの癖は直りませんでした。
「竹筒」という単語によって、一気に小学4年生に退行して、あたりかまわず爆笑してしまうのです。

竹男さんは、普段は冗談など決して言わないまじめな人です。
幸いにも、会社で「竹筒」に出会ったことがなかったので、馬鹿笑いをするところを人に見られることもなく、無事にまじめ人間として通してきました。

ところが、ある日、社運のかかった重要な企画会議の席上で、
「竹筒を利用した環境にやさしい容器」という商品企画が提案されたのです。
これを聞いたとたん、竹男さんは強烈な笑いの発作に襲われました。
必死で笑いをこらえたのですが、提案者がまじめな顔で「竹筒」「竹筒」と言い続けるので、ついにがまんできなくなって、

くっくっくっくっく
わっはっはっはっは
たたた たけ たけ たけづつ 
ははははははははは たけづつ
ひひひひひひひひひ たけづつ

と狂ったように笑い出してしまいました。
笑いながら竹男さんは、今まで築き上げてきた社会的信用が、がらがらと音をたてて崩れていくのを感じました。
目の前が真っ暗になりました。
もうやけくそです。
この際だ、言いたいことを言ってしまおう。

「おい、お前がプレゼンに使ってるのはウインドウズNTだろう。
NTとはどういう意味か知っているか?
いいか良く聞け。
NTとは「ノーパン・竹筒」のことなんだ。
南洋の土人は、ノーパンでしかも竹筒なんだ。
ノーパン・竹筒の土人でも使えるというコンセプトで開発されたんだ。
わかったか。わっはっはっはっは。」

竹男さんは、休養を命ぜられ、やがて降格されました。
降格の理由は「役員にふさわしくない民族差別の言動」だそうです。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

プロフィール

HN:
神楽坂雲如
性別:
男性

P R