忍者ブログ

神楽坂雲如の妄想図書館

日々の妄想を書き綴った笑いと狂気のブログです。 妄想ですので本気にしないでください。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

半泣きじじいシリーズ7

半泣きじじいは、妻子に逃げられて一人暮らしなので、時々買い物に行く。
その日、スーパーは特売日だったので、レジの前は長い行列だった。
半泣きじじいの動作はのろい。
上着の前をはだけ、ズボンを下げ、腹巻きの中から財布を取り出し、あたりを注意深くうかがいながら、ゆっくりと金を数えている。
後ろで並んでいたご婦人が、動作の遅さにたまりかねて言った。
「ちょっとあなた、早くしてくれませんか。こっちは急いでいるんですから」
すると半泣きじじいは振り返って、
「そう言って人をあわてさせて金を落とさせ、落とした金をかっぱらおうという魂胆だろう。その手はくわねえよ、この盗人め!」
と大声でわめいた。
ご婦人が茫然自失したのは言うまでもない。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

プロフィール

HN:
神楽坂雲如
性別:
男性

P R