忍者ブログ

神楽坂雲如の妄想図書館

日々の妄想を書き綴った笑いと狂気のブログです。 妄想ですので本気にしないでください。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんでも相談室2

「私の夫は一部上場企業の管理職です。海外勤務が長かったのですが、海外では広い屋敷と運転手付きの車を持ち、多数の使用人を使い、安楽な生活を送っていました。
夫 が栄転して本社勤務になり、一家そろって帰国したのですが、社内の地位が上がり収入も増えたはずなのに、我が家の生活水準は大幅に下がってしまいました。 狭いマンションに住み、使用人を雇うことなど到底考えられず、毎日家事や育児に追われる生活を送っています。大好きだった買い物も劇場通いもままならなく なりました。
我が家は、世間的には豊かな階層に属すると思うのですが、今の日本では豊かさが全く実感できません。これはいったいどういうことなのでしょうか。」

「お答えします。
日本で豊かさが実感できないのは、過去の誤った社会主義的な政策のため、貧富の差が少なく、激安な賃金で黙々と働く貧民階級が存在しないからです。
し かし、ご安心ください。我が国では構造改革の名のもとに貧民階級の創成と階級の固定化政策が進められています。新たに創成されつつある貧民階級は、貧しさ を自己の責任であると率直に受け入れ、富裕階級に奉仕することを天命とわきまえた理想的な労働者階級です。彼らは勤勉ですが、上昇志向はなく、子弟の教育 などに無駄な金を使うこともなく、低賃金でつつましく暮らします。
また、規制緩和の名のもとに「雇用の自由化」が進められています。労働基準法や 最低賃金制度のような社会主義的制度を廃止して、自由に安心して安い賃金で人を雇える環境の整備が進められています。これにより、人件費は途上国並みに引 き下げられ、国際競争力は高まり、産業の空洞化は解消され、日本経済は再び活気を取り戻すでしょう。
とはいえ、貧民階級の増大により、消費が冷え 込んでしまったら大変です。そこで、富裕階級は、贅沢三昧な生活をして消費の拡大に貢献することが義務付けられます。ケチケチと金を貯め込む者は国賊と非 難され、財産を没収されることになるでしょう。一定水準以上所得のある国民は、豪奢な邸宅に住み、高級車を乗り回し、美食に明け暮れ、多数の使用人を使 い、家事や育児に煩わされることなく「今日は帝劇、明日は三越」の生活をおくることが責務となります。
こうして日本でも「国際水準の富裕階級の生活」ができる日がやってきます。
もうしばらくの辛抱です。」
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

プロフィール

HN:
神楽坂雲如
性別:
男性

P R