忍者ブログ

神楽坂雲如の妄想図書館

日々の妄想を書き綴った笑いと狂気のブログです。 妄想ですので本気にしないでください。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おーじじい

「おーじじい」という人がいます。
「おーっ おーっ」と吠えるだけで、思うがままに生きています。
「ううじじい」に似ているようですが、根本的な違いがあります。
「ううじじい」は独立独歩の野人ですが、「おーじじい」は組織の人です。

実は何と大企業の社長なのです。
といっても、実力で社長になったわけではありません。
はい、毎度おなじみの世襲です。
22世紀の人が聞いたら笑うでしょう。
親が金儲けに夢中で家庭を顧みなかったため、しつけも教育も受けませんでした。
ただ金だけはふんだんに与えられていたので、取り巻きにかしずかれ、わがまま放題に育ったのです。

親が死んで、若くして社長になったのですが、よく気の利く優秀な部下に恵まれ過ぎたために、「おーっ」と言うだけで、すべてが思い通りに動いてしまい、言葉を話す必要がなくなってしまったのでした。
そんな状態が30年以上も続いたので、ついに言語能力を喪失し、救いようのない馬鹿老人になり果てました。
最近はボケが進んで、人間以外のものでも「おーっ」と吠えれば、自分の言うことを聞くと思っているようです。

先日も壊れたトイレのドアに向かって「おーっ おーっ」と吠えていたそうです。
その声を聞いて秘書がかけつけ、社長の言うことを聞かない不届きなドアを殴りつけ、お仕置きをしたそうです。
「おーじじい」は秘書のふるまいに、たいへん満足していたそうです。

「おーじじい」は甘いものが好きで、特にアイスクリームが大好物です。
ある日、ソファーに寝そべってアイスクリームを食べていたところ、胸の上に溶けたアイスクリームが、ぽたりと落ちたのだそうです。
「おーじじい」は怒って、アイスクリームに向かって「おーっ おーっ」と吠えたのだそうです。
その声を聞いて秘書がかけつけ、不届きなアイスクリームを床に投げつけ、踏みつぶして、こらしめたそうです。
「おーじじい」は秘書のふるまいに、たいへん満足していたそうです。

何とも困ったもんです。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

プロフィール

HN:
神楽坂雲如
性別:
男性

P R