忍者ブログ

神楽坂雲如の妄想図書館

日々の妄想を書き綴った笑いと狂気のブログです。 妄想ですので本気にしないでください。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アンダンテカンタービレ

幼稚園時代、お昼寝の時間が大嫌いでした。
なぜかというと、お昼寝のとき、先生が気味の悪い音楽のレコードをかけたからです。
その気味の悪い音楽とは、チャイコフスキーの「アンダンテカンタービレ」でした。
弦楽器の音はおどろおどろしく、メロディーは暗く、もの悲しく、わたしはこの音楽がかかっている間、恐怖にふるえていました。
この気味の悪い音楽を聞くまいと、耳をふさいだり、起きあがって走りまわったり、大声で騒いだりしました。
その結果、あまりの素行の悪さをとがめられ、『そこで反省しなさい』とお寺の本堂に放り込まれました。(お寺が経営する幼稚園だったのです)
誰もいない本堂の中は暗く淋しく、どこからかあの不気味な音楽が聞こえてくるような気がして、恐怖のあまり泣き出してしまいました。
そんなことがトラウマになってか、20歳になって、ウェーベルンの「弦楽四重奏のための5つの楽章」を聴いて感動するまで、ずっと弦楽四重奏曲には親しめませんでした。

ところで、この「アンダンテカンタービレ」について、幼稚園の先生から、『この曲は、雨の夜に、男と別れた女の人が、公園で一人淋しくしている情景を音楽にしたものです』というような説明を受けた記憶があります。
はたして「アンダンテカンタービレ」は失恋の音楽なのでしょうか?
これは疑問です。
あるいは「アンダンテカンタービレ」がBGMとして使われた映画があって、その映画のワンシーンを先生が語ったのかもしれません。
わたしは、時にとんでもない記憶違いをすることがあるので、これも全くの記憶違いかもしれません。
しかし、「男と別れた女」「雨」「夜」「公園」といった言葉と、それを語る先生の姿と、その時の教室の情景が、鮮明な記憶として残っているのです。
PR

アダルトサイト体験談

まあ、コウガクのためってわけで、(漢字がわからん!後学?向学?好学?高額じゃないことは確か。実際高くなかったです。)そーゆうところに行くこともありますが、不注意だったというか、英語を読むのがおっくうだったので、よく確かめないで契約しちゃったんです。

で、1ヶ月契約のはずが、毎月クレジットカードから一定額が支払われているので調べたところ、自動更新なんですねえこれが、、、
その有料サイトってえのがちょっと覗いてみたけどぜーんぜん趣味が違うのでそれっきり行ってないんです。
わたしゃはっきりいって金銭にゃ無頓着ですが、理不尽な支出は慎まなきゃいかんっつうことで、解約のメールを書くことになったのですが、英作文なんて学生のとき以来やってないからすっかり忘れちゃってこまったなあ。

”あのぉ、やめたいんですけど。”

ここで、「米国人に対し日本男児として恥かしくないきちっとした文章を書かねばならぬ。」という悪魔のささやきがきこえてくるんです。
困ったもんです。
H系有料サイトを解約するのに民族の代表にならにゃならん義務はないわい!

”謹啓 うえぶますたあ殿
 余ハ貴さいとノ会員資格ヲ解除スルコトヲ欲スル者也。
 速ヤカニ会員名簿ヨリ余ノ氏名ヲ削除サレタシ。
 而シテ以後料金ヲ徴スルコト無カラムコトヲ請ヒ願ヒ奉リ候。
                         
                          敬具”

まあ、こんなもんかしらっと。

そしたら、通じたんですね。来ましたよ長文のメールが。
曰く、なぜ君は解約しようとするのか。君は大切な会員なのに。
安価でしかもこんなに充実したコンテンツを備えているのに。
なにか不満があるなら言ってくれ。要望に応えるから、、
といった文面が延々と書いてあるみたいですが英語なのでよくわかりません。
それに、気色悪いおばさんのでっかい写真が貼り付けてある。
どーりで読み出しに時間がかかったわけですよ。

”このセンスについてけないからやめるの”

って返事を書きたかったけど、そこはこらえて(文化の多様性は尊重しなければならぬというのは建前。実は作文力がない。)
解約フォームに事務的に所要事項を書いて送ったら、

”あなたは、無事解約されました。以後料金を徴収することはありません”

とゆう返事があったのでひと安心。良心的なところでよかったけど、これが悪質なところだと解約の通告をしてもなしのつぶてで延々と料金を引き落とすそうで、そーゆうところにひっかかると、カード会社に頼んで対抗措置を講じるしかないという話ですね。

まあ一件落着してよかったけど、例の解約完了通知には、
”またのお越をお待ちしてます。”とかいって前よりもっと気色悪い写真が貼ってありました。
しかも、送信時の手違いか同じものが4通。ううっ重い。

これはハードディスクの掃除をしていて見つけた文章です(1998年3月の日付があります)。
今は全くそーゆー所へは行ってません

長持に隠された恐ろしい秘密

私の田舎では、昔、「藤五事件」という出来事が少年たちの間でささやかれていた。
藤五というのは、今はマンションになってしまい痕跡をとどめていないが、北関東初の本格的なデパートとされ、群馬県高崎市の商店街の中心部にそびえ立っていたのである。

「藤五事件」には地域や学年によっていろいろなバリエーションあるのだが、わたくしが中学生のときに同級生から聞いた話はこうである。

藤五デパートの便所で高校生男女が仲むつまじくしていると、とつぜん掃除人のおばさんがドアをあけた。驚いた女子生徒が膣痙攣をおこしてしまい、二人は重なったままの状態で担架に乗せられ、救急車で病院に運ばれたというのである。

ここまではありそうな話である。当時、性知識は貧弱であったが、性交中に女性が痙攣をおこして抜けなくなるという話は聞いたことがあった。「七つなかなか ぬけなくて、八つやっぱりぬけなくて」という数え歌も知っていた。また犬が路上でそういう状態になったのも実見している。

問題はこの先の話である。いったんそういう状態になってしまうともう手のほどこしようがない。放っておけば2人とも死んでしまう。やむなく男子生徒のペニ スを切断した。そこは急所であるから当然男子生徒は死んだ。女子生徒は助かったが、しばらくして自殺したというのである。

これはちょっと信じがたい。犬は水をかければ離れるではないか。どうして人間は切らなければならないのか。それにペニスを切ったからといって死ぬことはあるまいと反論が出た。しかしその同級生は説得力のある裏付けを提示したのである。

婚礼道具に長持というものがある。あれは何に使うか知っているか?表向きは衣装を入れるものとされているが、嫁入りのとき持っていく長持は実はからっぽな のだ。昔は新婚初夜に藤五事件のような悲劇がよく起った。そうなると医学が未発達の時代だからもうどうしようもない。重なったままの二人を長持に入れて こっそり運び出して埋めてしまうのだ。

なんと恐ろしい話だろう。晴やかな婚礼が一転して秘密の葬送と化してしまうのだ。
教室は静まり返っている。なぜこっそりと埋葬してしまうのか、どうしてそんなことが許されるのかと問う者はいない。みんなそれが非常におそろしい、いまわ しい、しかししばしば起こる出来事で、けがれを恐れて秘密裏に行うその処理は地域社会の暗黙の了解事項となっており、だれもが、役人すら新婚夫妻がいなく なったわけを問うことはない。そういう慣習がずっと守られてきたのだと了解したのである。

長持歌というのがある。友人の結婚式のとき今時めずらしくこれを歌った人がいた。それを聞きながらふとこの話を思い出した。晴やかな婚礼の歌なのに妙にも の悲しいのは長持に隠された恐ろしい秘密、婚礼の夜に新婚生活の幸福を味わういとまもなく、無惨にも読経も焼香もなく密かに葬られた若い男女の悲しみが隠 されているからではないか。そんな馬鹿な。しかしあの同級生の話はとても創作とは思えない。民俗学者の方、こんな話を聞いたことがおありでしょうか。

プロフィール

HN:
神楽坂雲如
性別:
男性

P R